大蛮道型「バトルダンサー」


コスト: 2500 耐久力: 440 格闘補正: x1.0倍 タイプ: ???

装備箇所 武装名 レベル 攻撃力 総ダメージ 連射間隔 チャージ時間 装填数 リロード 射程
右手 ライトハンドガトリングガン Lv.7 15 101 2F 70 全弾/540F 35m
左手 ライトハンドガトリングガン Lv.7 15 101 2F 70 全弾/540F 35m
サイド ファンブーメラン Lv.7 10 35F 3 1/450F 60m
サブ (引き戻し)
タンデム プラズマ波動砲 Lv.7 50 241 60F 50F 100 50/780F

解説

由緒正しき大蛮道一家の伝統を受け継ぐ凛にピッタリなバトルダンサー。
すべての武器レベルを7まで引き上げたのみならず、タンデムをプラズマ波動砲へと換装したことにより、最大火力を発揮できる時間が大きく伸び、継戦能力も飛躍的な上昇を果たした。

ライトハンドガトリングガンLv.7は威力こそ若干見劣りするものの装填数が同Lv.のハンドガトリングガンと同じ水準にまで強化されており、素の軽さも相まって自衛とカットに重宝する。
ただしリロード性能が大幅に悪化しているため、これまで以上に弾数管理をしっかりしないと痛い目を見る。

ファンブーメランLv.7は強烈な気合が込められた事により扇残留時間・斬りつけ拘束時間が長くなった特殊仕様。
標準型同様、これで拘束した敵に波動砲をお見舞いするコンボが基本となる。
ただし波動砲はキャノン砲と異なり多段ヒットすることでダメージを稼ぐ武器のため、ファンブーで拘束し過ぎると安ダウンにもなってしまう。
敵との距離次第では数ヒットさせて動きを止めたらすぐ回収し、拘束が解けて動き出すまでの隙に撃ち込むテクニックも必要だ。

プラズマ波動砲Lv.7は旭の気合いのおかげで照射を開始するまでの時間が短い特殊仕様。
また前作同様装填量が多く曲げやすいのだが、今作では全Lv.通して曲げやすくなったのでそこまで大きな違いは体感しにくいかもしれない。
ただその特殊性能のおかげで狙ったポイントへ刺し込みやすいのは大きな利点で、生当ても他Lv.以上に容易。無論、生当てならばコンボとは比較にならない恐ろしいダメージを叩き出す。

……というか火力のほとんどを波動砲に頼っている関係で、何としてもコレをコンスタントに当てていかないとコスト分の活躍は不可能。
もちろん敵もそれは承知しているため、最大コストなこともありタゲを向けられる率は高い。
しかもコスト比耐久力が低い上に盾も持たないことから、複数人に寄られた場合はファンブを撒く等で時間は稼げるものの捌いて離脱するのは至難の業。そうした事態に陥らぬよう、運用と編成の決断は慎重に。
間違ってもSRやアンマテ等と直接対決はご法度だ。

コメント

  • 名前: コメント:

GunslingerStratos∑Wiki: 大蛮道型「バトルダンサー」 (last edited 2016-12-19 10:54:10 by localhost)