リューシャ

通信状態も良い感じ!作戦成功は確実ですね!

総合解説

カウンターテロリズムを専門にする電子戦、プロファイリングの天才。かつては非戦闘員で現場のオペレーターを務めていた。

フロSでは民間軍事会社の一員、管理区ではメルキゼデクの一級公認捜査官としてオルガを追い続けている。 かつてオルガを追い詰めた際に逆に罠にはめられ、大事な仲間と共に足を吹き飛ばされた。それゆえ、オルガを心から憎んでいる。これがきっかけで復帰後は戦場に立ち、オペレーター兼戦闘員として活動し、オルガに復讐を仕掛けようとしている。
第二次越境作戦中も隙あらば事故に見せかけてオルガを殺そうと企むも、ガンスト界きっての常識人がために任務を優先してしまい、なかなか殺せず。逆に命を狙われている側のオルガに遊ばれてしまっている。
2では何故か天然ボケをかましたり、正義のヒロインのような台詞が多くあったが、今作では成り潜めて無印のような生真面目な性格に回帰した。

リューシャの特徴は、射線を無視して攻撃・回復できる衛星兵器。一度構えると俯瞰視点となり、指定した位置に爆撃、あるいは回復フィールドを展開することができる。

WPは「タクティクス」と「リカバリー」の二種類。

タクティクスは、衛星砲撃武器をタンデムに持っている上、サイドも中~遠距離武器を装備していることが多く、敵に大きなプレッシャーをかけられるWP。

リカバリーは、衛星回復兵器を装備する。回復の性質上、立ち回りが特殊なものになるが、射線を無視して回復できるという大きな利点・個性を持つWPである。

移動性能は高いとは言い難いが、ジャンプ上昇力が高い。高所をとって、自衛に有利な状況づくりを心掛けたい。

基本ステータス

ダッシュ初速度 C ダッシュ最終速度 C
ジャンプ上昇力 A 腕力 E
よろけにくさ C 格闘距離 10m

格闘性能

種類 威力 解説
N格 90 単発1回
上格 120 スライディング→サマソ。ステップを挟んでN・上・左格に繋がる。
左格 125 2段 発生はやや遅い
右格 115 右から回り込んで一蹴。単発だがN格より発生が遅い。
下格 0 当て身。最後までヒットさせると相手の残弾数を0にする
格闘の性能はいたって平凡。近距離で戦うタイプではないので使う機会は少ないだろう。
下格は真加部や茉莉などの格闘性能が高いキャラを相手取る時に意識しておきたい。

標準型「タクティクス」


コスト: 1700 耐久力: 390 格闘補正: x1.0倍 タイプ: ???

装備箇所 武装名 レベル 攻撃力 総ダメージ 連射間隔 ロックオン時間 装填数 リロード 射程 爆発範囲
右手 ビームハンドマシンガン Lv.3 19 5F 25 15/240F 38m
左手 ビームハンドマシンガン Lv.3 19 5F 25 15/240F 38m
サイド ニードルガン Lv.4 38 134 6F 12 全弾/460F 80m
サブ ビームマシンガン Lv.1 20 112 5F 24 全弾/300F 55m
タンデム 衛星迫撃砲 Lv.4 110 143 25F 6 全弾/330F 15m

解説

固有武器である衛星迫撃砲を特徴とする「タクティクス」の標準WP。
迫撃砲の扱いには慣れが必要だがダブルサイドには扱いやすい武装が揃っており中~後衛WPの中でも比較的取っ付き易い武装である。

ダブルはver2.03でいきなり追加された新武器ビームハンドマシンガン。
前verまでのビームガンと比べるとフルヒット時のダメージこそ減ったものの圧倒的連射力とダウン力、優秀なリロード性能によって盾を持たない相手に対しては無類の自衛力を発揮するようになった。
しかしビーム兵器なので盾持ちには分が悪いことは頭に入れておこう。

アップデートにより全体的な性能が大きく下方修正されている。
特に連射間隔が4Fから6Fまで落ちているため自衛が非常に厳しくなった。
ダブルの距離まで詰められないようにより慎重に立ち回る必要があるだろう。

サイドのニードルガンは優秀な誘導兵器。
盾もそれなりに割れる上威力も高く、その独特の軌道により遮蔽物に隠れた相手に攻撃することも可能である。
さらにニードルガンのアラートを鳴らし、相手にブーストを使わせることは後述の衛星迫撃砲の命中率にも関わる。
加えてサブのライアサ改めビームマシンガンも低レベルながらニードルガン準拠のカメラ性能を備え、汎用性に優れた優秀な武器である。
本WPの立ち回りの基本となる武装であり、このサイドの距離を保つように意識しよう。

タンデムは「タクティクス」の目玉となる衛星迫撃砲。
構えるとターゲットしている相手を中心とした俯瞰視点に切り替わり、トリガーを引いた座標にアラートが表示され、その後榴弾が投射される。
この武装の最大の特徴は射程無限かつ射線無視という点である。
どこからでも相手にプレッシャーをかけることが出来、取り分け射線無視というのは、遮蔽物に隠れて攻撃を躱すシューティングゲームの基本を覆す大きなアドバンテージとなる。
しかし着弾地点付近にしか当たり判定が無く、着弾までに時間がかかるため相手の着地を読んで撃たなければまず当たらない。
高跳びしている相手は見逃さず、サイドのニードルガンで相手を揺さぶったり高台に置いて着地点を失わせたりするなど工夫して当てよう。
また構えている間は周囲が見えず棒立ちになるので相手の接近は勿論、敵リューシャの衛星兵器やシュリの貫通レーザーには気を付けよう。
ちなみに衛星ビーム砲にも言えることだが、切り替えてからすぐに撃つと自分の足元に着弾することになる。

勘違いしてはいけないのはこのWPのメインは能動的に当てに行けるサイドであるということ。
迫撃砲を構え続けて当てるには相手の着地を待たなければならず、必然的にその間の味方は4対3と枚数不利になるため芋は御法度。
ニードルガンで相手を揺さぶり、ビームマシンガンでカットしつつ、接近する相手はビームハンドマシンガンで追い払いながら相手の高度、ステップ回数を見て着地を予想し迫撃砲を狙う、正に大局を見通すことを意識して立ち回ろう。

捕縛型「タクティクス」


コスト: 1800 耐久力: 410 格闘補正: x1.1倍 タイプ: ???

装備箇所 武装名 レベル 攻撃力 総ダメージ 連射間隔 装填数 リロード 射程 攻撃範囲
右手 ビームマグナム Lv.2 105 148 40F 4 2/300F 40m
左手 ビームロッドガン Lv.3 25 25F 4 1/200F 35m
サイド ビームショットガン Lv.2 15 103 7F 18 9/200F 33m
サブ シャボンランチャー Lv.3 3 5F 35 7/240F 55m
タンデム 衛星ビーム砲 Lv.5 45 30F 2 1/390F 12.0m
サブ 衛星迫撃砲 Lv.3 105 136 20F 5 全弾/260F 爆発範囲
14m

解説

狙撃型「タクティクス」


コスト: 1900 耐久力: 400 格闘補正: x1.0倍 タイプ: ???

装備箇所 武装名 レベル 攻撃力 総ダメージ 連射間隔 装填数 リロード 射程 爆発範囲
右手 ビームマグナム Lv.2 105 148 40F 4 2/300F 40m
左手 インパクトガン Lv.5 30 15F 4 全弾/320F 35m
サイド ロングバレルビームライフル Lv.5 145 181 50F 4 1/280F 115m
サブ (ズーム)
タンデム 衛星迫撃砲 Lv.4 110 143 25F 6 全弾/330F 15m

解説

狙撃型の名の通り、LBBRを装備したタクティクス。 サイドのLBBRはLV5で、オルガ九美が持っているものと同じ、標準的かつ高火力なもの。これでフワステや高飛びを確実に狩ろう。
LBBRでプレッシャーをかけてブーストを使わせたら、その着地は衛星迫撃砲で取れる。
相手の長射程には斜線を切っていなして迫撃を狙うといういつものパターンも健在。遠距離でのいやらしさは随一だろう。
近距離自衛も、ダブルは両方とも単発でダウンが取れる武器なので、当たりさえすれば難しくはない。…当たりさえすれば。もちろんインパクトもビーマグも格段に当てづらい武器ではないが、それでもこれらを当てづらいレミーや07号といった小柄キャラ、アルゴーや草陰、リカルドなどの高機動相手に中距離以内に踏み込まれるとキツいものがある。こういった相手にちゃんとダブルを当てるAIM力は必要だということを念頭にこのWPを選んでほしい。盾も苦手だが、こちらはAIMがあってもどうしようもないので大人しく味方に支援を貰おう。
もちろん、火力はインパクトよりビーマグのほうが格段に高い。余裕が有るようならば2発,3発とお手玉しておこう。
先ほど挙げた小柄/高機動キャラは苦手ではあるが、その一方で彼らは耐久が低め。LBBRお手玉で耐久の半分弱を持っていけることが多いので、AIMに自信があるなら事故を狙うのもいいだろう。
狙撃型と銘打つだけあってAIM力が必須となるWP。連射武器/誘導武器の類が一切なく、リューシャのほかのWPと比べても「甘えが効かない」ので、他のタクティクスに乗り慣れているからと言って乗るのは厳しいものがあるだろう。逆にAIMと位置取りが上手ければ実は他のWPほど癖が強くないので、その下地があれば他が苦手でも扱いやすいかもしれない。

攻守両用型「タクティクス」


コスト: 2100 耐久力: 400 格闘補正: x1.0倍 タイプ: ???

装備箇所 武装名 レベル 攻撃力 総ダメージ 連射間隔 装填数 リロード 射程 爆発範囲
右手 ビームガン Lv.5 35 153 8F 12 4/150F 40m
左手 指向性シールド Lv.5 防御力 350 100/600F
52
サイド ビームマシンガン Lv.6 24 134 5F 36 12/350F 65m
タンデム 衛星迫撃砲 Lv.5 120 156 25F 6 全弾/430F 16m

解説

新たに衛星ビーム砲を追加し、ウリだった堅実さはそのままに攻撃性能が大幅に向上した防衛型「タクティクス」。

ver2.33にてビーム砲が、ver2.45でリングレーザーガンが没収され、2の防衛型「タクティクス」とほぼ同じ構成になった。

ダブルにはビームガンと指向性シールド。ビームガンは二発当てればダウンを取れるのでシールドと合わせて高い自衛能力を持つ。
威力もフルヒット150超えと申し分なく、取り回しも良いので非常に優秀。

サイドのビームマシンガンは汎用性に優れ扱いやすいもののリロードが非常に重い。
適当にばら撒いてるとすぐに弾が足りなくなるためしっかりと当てていこう。

迫撃砲は範囲と火力に優れており、扱いやすいモデルといえる。
リングレを失ったことで指向性シールドに対してはこれでしか対処ができないため自衛にも活用しよう。

全盛期と比べるとビームガンの火力向上、ビームマシンガンの射程向上など基本性能の向上はあれども、ビーム砲の没収で2種の衛星兵器の高い攻撃性能を失った事、リングレの没収で対盾や攻めのバリュエーションを失ったことで大きく弱体化してしまった。
取り合えずで選べるWPでは無くなってしまったが、以前として盾ビームガンの自衛及び攻撃性能やビームマシンガンの高い汎用性は健在である。
相手を見極め、張り付きやカットで味方に貢献しよう。

弾幕型「タクティクス」


コスト: 2200 耐久力: 410 格闘補正: x1.0倍 タイプ: ???

装備箇所 武装名 レベル 攻撃力 連射間隔 装填数 リロード 射程 爆発範囲
右手 ライトハンドガトリングガン Lv.4 17 25F 60 全弾/360F 45m
左手 ライトハンドガトリングガン Lv.4 17 25F 60 全弾/360F 45m
サイド ガトリングガン Lv.6 31 4F 90 全弾/850F 75m
タンデム 衛星迫撃砲 Lv.7 105 25F 7 全弾/430F 14m

解説

殲滅型「タクティクス」


コスト: 2500 耐久力: 420 格闘補正: x1.0倍 タイプ: ???

装備箇所 武装名 レベル 攻撃力 総ダメージ 連射間隔 ロックオン時間 装填数 リロード 射程 攻撃範囲
右手 レーザーハンドマシンガン Lv.7 21 4F 40 20/240F 40m
左手 レーザーハンドマシンガン Lv.7 21 4F 40 20/240F 40m
サイド ニードルガン Lv.5 40 142 5F 12 全弾/540F 80m
サブ ビームマシンガン Lv.2 23 129 5F 28 14/240F 55m
タンデム 衛星ビーム砲 Lv.7 47 242 35F 3 1/360F 12.0m
サブ 衛星迫撃砲 Lv.1 110 143 15F 4 全弾/330F 爆発範囲
15m

解説

標準型「リカバリー」


コスト: 1700 耐久力: 380 格闘補正: x1.0倍 タイプ: ???

装備箇所 武装名 レベル 攻撃力 反動 連射間隔 装填数 リロード 射程 効果範囲
右手 レーザーハンドマシンガン Lv.4 18 4F 30 15/150F 40m
左手 レーザーハンドマシンガン Lv.4 18 4F 30 15/150F 40m
サイド レーザーガトリングガン Lv.4 29 3F 60 20/300F 75m
タンデム 衛星回復兵器 Lv.4 回復力 15 2 1/360F 16m
7
サブ 衛星弾薬補給兵器 Lv.4 30F 1 1/660F 16m

解説

遠距離型「リカバリー」


コスト: 2000 耐久力: 410 格闘補正: x1.0倍 タイプ: ???

装備箇所 武装名 レベル 攻撃力 総ダメージ 反動 連射間隔 装填数 リロード 射程 効果範囲
右手 レーザーハンドマシンガン Lv.7 21 4F 40 20/240F 40m
左手 指向性シールド Lv.5 防御力 350 100/600F
52
サイド レーザーライフル Lv.6 57 123 11F 30 8/300F 85m
サブ (ズーム)
タンデム 衛星回復兵器 Lv.5 回復力 15 2 1/420F 16m
8
サブ 衛星弾薬補給兵器 Lv.5 40F 1 1/560F 16m

解説

遊撃型「リカバリー」


コスト: 2300 耐久力: 430 格闘補正: x1.0倍 タイプ: ???

装備箇所 武装名 レベル 攻撃力 反動 連射間隔 ロックオン時間 装填数 リロード 射程 効果範囲
右手 レーザーハンドマシンガン Lv.7 21 4F 40 20/240F 40m
左手 レーザーハンドマシンガン Lv.7 21 4F 40 20/240F 40m
サイド ロックオンレーザーガン Lv.6 17 5F 9 3/330F 95m
タンデム 衛星回復兵器 Lv.7 回復力 15 2 1/570F 24m
8
サブ 衛星弾薬補給兵器 Lv.7 35F 2 1/840F 16m

解説

標準型「ホークアイ」


コスト: 1900 耐久力: 400 格闘補正: x1.0倍 タイプ: ???

装備箇所 武装名 レベル 攻撃力 総ダメージ 連射間隔 チャージ時間 装填数 リロード 射程 爆発範囲
右手 レーザーハンドマシンガン Lv.4 18 4F 30 15/150F 40m
左手 レーザーハンドマシンガン Lv.4 18 4F 30 15/150F 40m
サイド ライトニングガン Lv.5 72 40F 3 全弾/480F 60m
サブ グレネードランチャー Lv.1 85 127 20F 4 全弾/300F 10m
タンデム レールガン Lv.5 110 30F 5 全弾/240F 145m

解説

レーザー系の武器を装備し、盾割りと中距離からの狙撃を担うWP。
このWPの特徴としては風澄専用と思われていたレールガンLv5を装備している点と、ライトニングガンと長距離ライフルという珍しい組み合わせという点。
ライトニングガン+長距離ライフルという組み合わせの先駆けとしてはガンスト2の遠距離型「バトルマスター」、Σの遊撃型「ハーキュリアン」が存在するがこの2種と比べると火力がかなり低いという短所がある。その代わり武装の回転率が飛び抜けており、「せっかく拘束したのに回収手段がない…」という残念な事にはまずならない。

ダブルのレザハンマシは連射力が高く、射程も長めでリロードも速いという自衛武器の鑑のような武器だが火力がかなり低いという欠点がある。主にミリ狩りや咄嗟のダウン、盾削りに使用するべきだろう。

サイドのライトニングガンはこのWP専用モデル。サブに着弾起爆式のグレネードランチャーを装備しており、敵の着地取りや盾捲り、拘束の回収を可能としている。扱い方次第では便利なこのサブのおかげでこのWPの使用難度は幾分か下がっていると言えるだろう。

タンデムには先に述べたレールガンLv5を装備。単発火力が低めな代わりに継続リロード(リロード中射撃してもリロードキャンセルがない。)かつかなり速めのリロードと手数を重視した武器。無理にライトニングガンからの連携の為に残さず撃ち切ってしまっても問題はないだろう。

【ダメージ参考】
レザハンマシ
フルヒット86

ライトニングガン
追撃ダメージ補正51%
グレネード(直撃)
3ヒット灰ダウン
90+44+14=148

レールガン
単発110
QD121(1.1倍)
HS132(1.2倍)

【コンボ参考】
ライトニングガン→レールガン2発
72+57+15=144
ライトニングガン→レールガンHS
72+68=143
ライトニングガン→グレネード2発
72+46+16=134
ライトニングガン→上格闘
72+(20+41)=133
(追撃ダメージ補正15%)


コメント

  • 名前: コメント:

GunslingerStratos∑Wiki: sigma/リューシャ (last edited 2018-08-19 23:02:51 by wada314)