キャラクター概要

「ガンスリンガーストラトスΣ」のプレイアブルキャラクターは現在28人います。
しかし、その人数もさることながら各々が個性豊かな特性を持っているので、いったい誰を使ったらいいのか分からない!という初心者の方もいらっしゃることでしょう。
そこで、全29キャラクターの特性、能力、及び使用難易度を簡単にまとめてみました。

なお、説明にはどうしても編集者の主観(個人の得意分野やキャラ同士の相性による相対的な序列など)が多少なりとも入ってしまうことをご理解の上ご覧ください。

使用難易度について

以下の説明を参考にしてください。ただし、キャラクターの中でもウェポンパックによって使用難易度は大きく変わってくるので、あくまで一つの目安として捉えてください。
また、あくまで扱いやすさであって、強い、弱いの目安ではないことにもご注意ください。
(編集される方も以上の点にご注意ください)

★☆☆☆☆ : 難易度1、初心者向け。能力や武器の多くが素直な特性を持ち、比較的すぐに扱えるようになりやすい。
★★☆☆☆ : 難易度2、初級者向け。難易度1に比べると若干覚えないといけないことがあるものの、まだ扱いやすい部類に入る。
★★★☆☆ : 難易度3、中級者向け。基本的な戦術を理解する必要があるなど、必修項目がやや多め。ある程度の熟練を要する。
★★★★☆ : 難易度4、上級者向け。キャラクターの癖もやや強く、ガンストへ対するそれなりの理解が必要になる。
★★★★★ : 難易度5、超上級者向け。キャラクター、戦術の両面において癖が非常に強く、扱えるまでには相当な熟練を要する。
(編集者向け) 経験者向けの難易度査定がコメに流れていたのでメモ書き。
難易度1,2:完全初見でも一通り扱えそう
3:ガンストを知っている経験者ならキャラ初見でも扱えそう
4以上:経験者でも扱えるまでにある程度特性、癖を理解する必要がありそう


風澄 徹

シリーズ初期から主人公として活躍する、長いマフラー(…に見えるが実は襟)が特徴的な好青年。
キャラ性能や武器といったほぼ全ての面において平均的な能力を持ち、特徴が無いことが特徴とも言えるほど。
連射武器を多数持ち、その大半が「普通の銃火器」であり、癖が無く扱いやすい。目立った弱点も無いので、最初に触れるキャラとしてはオススメ。
その反面、連射武器で敵を転ばせるだけでは火力で劣るため、戦果を出すには連射武器を最後(灰ダウン)まで当て続けられる的確なAIM(狙い)も必要とされる。
基本的には何でも出来るキャラであるため、「戦場を飛びまわり、敵を狙い、撃つ」というゲームの基本を学んでいこう。

片桐 鏡磨

風澄と対を成すライバルキャラ。その特徴的なトサカは、ゲーム内外でなにかとネタにされている。
キャラ性能も風澄と対を成し、パワータイプのスタンダードと呼べる存在。足回りは重いが火力、奪ダウン力に優れる。
主力武器が単発・高威力など攻撃的な武装で構成されており「当たれば」強い。そのぶん他のキャラより丁寧なエイムが要求される。
機動力に至っては最低クラスな上に耐久も中の上程度なため、エイム以上に立ち回りも重要となる。
立ち回りもエイム力も要求される技量は高いが、それら基本を習得していれば案外すんなりと使いこなせるはずだ。

また他のキャラクターより体力低下時のパワーアップ補正が強く、条件が揃えばトップクラスの火力を叩き出す。

片桐 鏡華

風澄徹に恋する乙女。片桐鏡磨の妹である。
支援キャラの筆頭に挙げられる存在。大半のWPで何かしらの回復兵装を保有している。
風澄と鏡磨に似た武器を持つが、総合的に足回りがやや重く、何より回復武装の存在が使用難度を跳ね上げている。
ただ敵を撃つだけではなく味方の回復という重要な役割を持つため、戦闘中に考えることが多く、初めて触るキャラとしては難易度が高い。
このゲームの操作に慣れたころ、回復キャラに興味を持ったら使ってみよう。

竜胆 しづね

片桐家に仕え、鏡磨様を慕う、大仰な萌え袖の暗殺少女。小学生のような体型だが、こう見えて16歳である。
総合的な機動性能は全キャラ中トップクラスだが、出が遅い・射程が短い・感覚で扱う爆発物などクセの強い武器を多数持っているため、操作難度はやや高い。
ヒットアンドアウェイを意識した武装群は全て射程が短く、攻撃を仕掛けるには距離を詰めるというリスキーな行為が必要。
正面から撃ち合いを挑むキャラクターではないので、アサシンのごとく敵の隙を付いた一撃離脱を信条に戦おう。

ジョナサン・サイズモア

トップクラスの耐久力とダウン・よろけ・拘束耐性を持つ巨大バトルスーツを駆る天才メカニック少年。愛機の名前はパンタグリュエル。
ハンマーやプラズマガンといった主力武器の独特な射撃感に慣れる必要があるものの、その倒されにくさから最前線では戦車のごとく、後衛では要塞のごとく、敵をなぎ倒すことができる。
ただし敵から集中砲火を受けると、体格の大きさが災いして逃げ切れないことも多い。
時には味方を守る壁となって立ちはだかり、時には敵陣に飛び込んで戦線を荒らし、大いに暴れよう。

オルガ・ジェンテイン

しづねの姉で冷徹なる狙撃手にしてテロリスト。妹のしづねとは対照的に、グラマラスボディの23歳。
しづねとは全てにおいて対照的なキャラクターで、後方から単発高威力のスナイパーライフルで的確に撃ち抜くことがお仕事。
逆に近くの敵と撃ち合う武装は貧弱なため、敵の接近を許してしまった場合、撃退するのはかなり困難になる。
スナイパーライフル及びそれを活かす立ち回り、多彩な自衛武器への理解とプレイヤーに求められるものが多く相応のセンスが問われる難キャラ。

アーロン・バロウズ

幾多の戦場を渡り歩いた伝説の傭兵であり、武器のエキスパート。全身の傷は歴戦の証。
距離を選ばず戦える万能戦士で、性能は大人版の風澄といった具合。体格が大きく若干被弾しやすい代わりに、腕力や機動力などのカタログスペックはどれも平均以上。
全体的に扱いやすい武器が揃っているキャラクターと言えるが、殆どの武器がビーム兵器で構成されているため、火力を引き出すには一歩踏み込んで攻撃を当てる必要がある。
実弾兵器と比べ弾速も少し遅いため、射程限界付近で戦っているだけでは活躍しにくい事を覚えておこう。

レミー・オードナー

本作ではこれまで以上に物語のキーとなるサイキック少年。普通の弾丸やビームのみならず、超能力をも武器にして戦う。
身体が小さい上にダッシュ時の隙が小さく、ちょこまか動くことで圧倒的な回避性能を誇る。
しかし全体的にフワフワした挙動と低めの耐久力、クセの強い武器を多く持つことも含めると難易度は比較的高め。
持ち前の機動性能を生かし、タイマンよりも遊撃重視の立ち回りを行うと良いだろう。

ξ(クシー)988

レミーに仕えるアンドロイド娘。「全身武装」というコンセプトは伊達ではなく、多彩な武器を同時に扱うことができる。
本ゲームの女性キャラが軒並み大きなクセを持つ中で、比較的扱いやすい武器を数多く有するキャラクター。
機動面も優秀で、全キャラ中で1位,2位を争う移動速度と長距離移動が持ち味。

自分ひとりで対応可能な範囲が広く、様々な立ち位置で動ける反面、何かの役割に特化したキャラと比較するとどうしても一歩劣る。
対応範囲の広さと高い移動力、豊富な武装を活かして忙しく立ち回り、ひとつの仕事に固執せずに動けると高い戦果が見込めるだろう。

草陰 稜

残念イケメンの忍べぬニンジャ。主水の一番弟子でアーロンは兄弟子に当たる。
忍者というイメージ通りの、絵に描いたような低耐久高スピードキャラ。機動力はしづねと並んでトップクラスだ。
代償に耐久力は低めかつブースト回数も少ないので周囲を見ず自分本位に飛び回っていると、あっという間に孤立してしまいかねない。
また武装は銃火器での撃ち合いよりも状態異常や闇討ちに特化しており、援護向きである。直接ダメージを出すためには別の手段で追撃が必要になる武装が多い。
他キャラを扱うより慎重な運用が求められ、ダメージ取りとはまた違った形での貢献がメインとなる、中~上級者向けのキャラクター。

真加部 主水

真加部流道場の看板を掲げる老練な武人で、知る人ぞ知る生きる伝説。 高火力の単発武器と多彩な妨害武器を扱い、高い攻撃力を誇る近距離キャラ。
体が大きいので攻撃に当たりやすいが、機動力は高め。よろけにくい特性も相まって接近戦を挑みやすい。
WPはマグナムに代表される単発・高火力なものが多く、高いエイミング能力を要求される。
マシンガンのように「当てやすい」武器が少ないため、真価を発揮するには、相応の練習と堅実な立ち回りを要求されるキャラである。

羅漢堂 旭

気合、根性、男気を凝り固めたような、豪放磊落な巨漢。見た目どおり、豪快な武器を扱うパワーキャラ。
攻撃力の高い武器とよろけにくい特性を持ち、見た目に反して高速で移動できるため、さしずめ装甲車のごとく敵陣に急襲できる。
武器とキャラクターの特性が相まって、適性距離での撃ち合いにはめっぽう強い。
逆に適性距離以外ではそのスペックを十分に発揮できないため、移動性能を生かして自分に有利な距離で戦おう。

リューシャ

カウンターテロのスペシャリストで、金髪碧眼義足のロシア人女性。その豊満な胸は、ゲーム内外でなにかとネタにされている。
機動性が低く、自衛はやや苦手な部類だが、固有武器として上空からの俯瞰視点でマップ上へ直接攻撃、或いは支援を行える衛星兵器を持つ。

扱いの難しい各種衛星兵器がこのキャラクターの主力武器であるため、キャラクターの使用難易度は衛星兵器の使用難易度と直結している。
熟練を要するキャラクターではあるが、「自分と敵がどこにいても攻撃できる」という唯一無二の強みは、努力に見合う価値があるだろう。

篠生 茉莉

ジョナサン・サイズモアに恋する乙女。その平坦な胸は、ゲーム内外でなにかとネタにされている。
茉莉の駆る戦闘機械「フレイヤ」は、大きい被弾判定、高いとは言いにくい耐久、ジョナサンと違いスタンやボーラに耐性を持たないなど、防御面に欠点が多い。
それを補うための専用兵器として、戦場を高速で移動するブースター、破壊されても硬直を晒さない装着型エリアシールドを駆使して戦う。
どちらの専用武装も癖が強く、活躍するには武器やキャラクターの深い理解と、独特な立ち回りに慣れる必要がある、熟練者向けのキャラクター。

シュリニヴァーサ・セン

盲目のインド人音楽家。ジャミング、拘束、壁越し攻撃を行う、奇手に奇策のマエストロ。
本体性能は平均的で、WPを使い分けることで近中どちらでも対応できるオールラウンダー。
ペネトレイター系列は近距離向きの武装を持ち、拡散武器を多く所持しているため初心者にも比較的扱いやすい。
クレヤボヤンス系列は中遠距離向きの武装を持ち、壁を貫通して攻撃できる貫通式レーザー砲という武器のクセに慣れる必要がある。
どちらのWPにもそれぞれの強みがあるため、編成やステージに合わせて切り替えられるようにしっかりと習熟しておこう。

リカルド・マルティーニ

イタリア生まれの伊達男。自称、夜の撃墜王
基本性能が高く、特にダッシュ初速度はトップクラス。武装も高火力なものを取り揃えている生粋のアタッカー。
……なのだが、その反動で耐久力は全キャラ中ワーストクラス。
とにかく体力がないため、少しの被弾が致命傷になり、使い慣れていないうちは何もできずに死んでしまうことも多いだろう。
非常にピーキーな性能だが、スペックを最大限に発揮できれば強力無比なキャラである。

綾小路 咲良

司様を信愛する軍属のお嬢様。携えたロケットランチャーは、移動、打撃、砲撃といった、さまざまな用途に用いられる。
ブースト時のトップスピードが優秀で、さらにブーストの持続時間もかなり長いため、かなり自在に戦場を駆け回れる。
加えて非常に高い腕力を持ち、武器を構えながら移動しても機動力が損なわれにくい強みを持つ。
ただし代償としてステップ開始時のタメが大きく小回りが利かないため、細かい切り返しで攻撃を避けるのは苦手。

攻撃武装は挙動の素直なものが多く、直接戦闘力は高め。支援武装でもその長所は消えないため、 支援キャラとしての難易度は他キャラと比べ低めである。

蘇芳 司

カリスマと才能を併せ持つ前途有望な若きリーダー。
その厨二病正義感に満ち溢れた言動は、ゲーム内外で何かとネタにされている。

機動性と武装構成は風澄によく似ているが、よろけにくく撃ち合いにやや強い。さらに彼固有の特徴として覚醒ゲージの溜まりやすい専用武器を持つ。
代償として通常時の攻撃力は低いものの――ひとたび覚醒すればその専用武器は正義を体現するかの如く眩い光を放ち、目前の敵を瞬く間に消し炭と化す!
しかも前述の通り、その専用武器は覚醒ゲージを溜めやすい! ……賢明な諸君なら、もうお分かりだろう!
そう、彼は覚醒を最大限に活用することで最高のパフォーマンスを発揮する、まさしく時限強化の鬼なのだ!
溢れ出る「正義」の力をもって、世界にはびこる悪を「排除」せよ!!

天堂寺 セイラ

アメリカ人の母を持つ、金髪碧眼のポリスレディー。
オルガやリューシャにも引けを取らぬグラマラスボディだが、こう見えて17歳の日本人である。
空中ダッシュは初速度こそSなものの、タメや減速のためそこまで早くない。 むしろやや遅い方。
ジャンプゲージの消費も激しいため、ただ動かすだけでは空中に留まれる時間も短く、総合的な機動力は悪いといえる。
しかし彼女の固有アクションの「壁蹴り」を活用することで、ステージによっては縦横無尽に空中を飛び回ることも可能。

武装は単発の威力を犠牲に連射性能とダウン性能を両立したものが多く、場の制圧から牽制、カットまで距離を選ばずに一通りこなせる万能さが特徴。
一方で盾に対してあまり有効な武器を持たないのが弱点である。

羅漢堂 凛

廓詞が特徴的な優しい花魁お姉さん。未来からやってきた羅漢堂旭の

機動力は鈍めだが、小型プラズマ波動砲を筆頭にパラサイトショット、ファンブーメランといった特殊な武装を多く持つ。
また、実父の「ウォーリア」を彼女流にアレンジしたWPも使用できる。
戦況を広く見渡す能力と、空間に攻撃を置いておくセンスが要求されるキャラクター。武装の性質上、誤射をしやすいのも難点。
しかし非常に高い空間制圧力と火力を持つ小型プラズマ波動砲、安全に敵を一方的に攻撃できるパラサイトショットといった特殊武装を活かせば、他キャラでは不可能な独特な働きができる。

実験体07号

人体実験によって移植された巨大なアームと異質な超能力を行使する少女。愛称はナナ。
超能力で常時浮遊しており、小さめの体格と機敏なステップ挙動のおかげで被弾しにくい……と基本性能はレミーに似ている。
メインとなる固有武器は強いホーミング性能や辺り判定が非常に大きいなど、攻撃を当てる技術自体は殆ど必要としない。
しかし、いずれも着弾までに時間がかかるため、正面からの撃ち合いが苦手である。
また、どのWPも範囲攻撃武器を持っているが、攻撃範囲が広いということは味方を巻き込んだり自爆を起こしやすいということでもあるため注意したい。

水影 虎之丞

数百年前の日本からやってきた本物のサムライ。
格闘距離が長く、加えて近距離戦に役立つ装備を数多く装備し、近距離でのタイマン戦において無類の強さを発揮する。
特にハンマーガンや波動砲すら弾くソードシールドは、対峙する相手にとって大きな脅威となる。
ただしまともな中距離以遠への攻撃手段を殆ど持たず、ダッシュ時の尋常ではないブースト消費量も災いし、広い場所での戦闘を苦手とする。
武器は強力だが真価を発揮できる間合いが限られるため、使用難度は高めと言えるだろう。

水潟 九美

本来は非戦闘員であるオペレーター。その設定通り、直接戦闘よりも支援に向いた武装構成が多い。
ダッシュ初速度はCとあるが使用感はかなり重い。その代わりかダッシュ可能回数が19回と圧倒的で、位置調整がしやすい。
支援兵器はロックオン式である為扱いは難しくないが、一発あたりの効果が他支援兵器と比べ薄め。
単独で動いてどうにか出来るキャラクターではないため、使用難度は比較的高めである。

アルゴー・オードナー

ホバーボード「タイトロープ」を扱う、冒険野郎の青年実業家。
特徴は何といっても他キャラクターとは全く違う機動制御で、戦闘機のように常に前進しつつ上昇下降旋回を駆使して移動する。
他キャラとは別格の移動力を誇るが、シンプルな回避行動が取れなかったり、操作の難しさの割に耐久値が低く、ひとつのミスが致命傷となることも。
トッププレイヤーですら「こいつだけは扱えない」という人もいるほどだが、使いこなせるならば、誰も追いつけない別次元の機動性能を発揮できる。

キャシー・オードナー

レミー、ナナと同じ超能力者。描いた絵を具現化して攻撃することができる。
通常兵器のほかに、「プレイヤーが画面上にインクを塗り、描いた形の攻撃を飛ばす」という、一風変わった武器を持つ。慣れれば文字も書ける
移動方法は通常キャラと同じだが、他のキャラより非常に落下速度が遅く、くらげのようにふわふわした挙動となるため慣れが必要。
武器ひとつひとつの性能及び挙動は悪くないが、カバー可能な範囲が狭いため、得意距離を維持出来なければ活躍の難しいキャラクター。

バン・オードナー

大自然の中で動物と共に育った野生少年。乗っているのは狼のシャンドラ。
垂直ジャンプの代わりとなる壁登りや、ブーストダッシュで飛べない代わりに高速で地面を疾走する等、地上戦に重きを置いた特殊な機動特性を有している。
さらにダブルガンスタイルの片方に両手武器を所持可能という強力な特性があり、攻撃力が高い。
ただし他キャラで学んだ動き方は全く通用せず、このキャラ専用の移動方法を学ぶ必要があるため、他キャラからの乗り換え先としてはオススメできない。
使用するからには「このキャラ専門でプレイする!」くらいの意気込みで頑張ろう。

クロエ・アカネ

幼いころに両親を亡くすという悲しい過去を持つ、派手好きで常に堂々としている生来の王者。
超近距離で大ダメージを与える武装と、高高度から射程無限の攻撃を行う武装を持つ、立ち回りが両極端なキャラ。
但し機動力があまり高くないため、基本的に自衛力が低い。
その特徴的な専用武装が適正距離外でほとんど機能しないこともあり、位置取りが難しいキャラである。

クロエ・アスマ

アカネの妹であり、アカネを想い、アカネに剣を捧げる女性。くっ…!殺せ!
恵まれた格闘性能と高めの自衛力を持つ近距離向けキャラ。
味方を守るのが得意であり、自ら突出するよりも、味方と一緒に行動する立ち回りが輝く。
挙動は素直だが遠近共に癖の強い武装を持つため、武装自体への習熟が要求される。

アレックス・サンダーボルト

フロンティアSでは義賊頭領であり、管理区では空軍少佐の通称「時をかけるおっさん」。※実際に称号あり
羅漢堂旭以上に豪快な武器と見た目を持ち、ジョナサン(パンタグリュエル)並みの力押しで戦うパワーキャラで、作中トップの鈍足。
使用する武器はどれも火力に優れる反面、射撃前後の隙や射撃時に完全に停滞するなどの癖を持ち合わせる。
また、見た目通りの鈍足であるが、自分を中心としたライン戦を繰り広げるための武装が備わっている。
唯一無二の戦闘スタイルを活かし、味方を勝利へ導こう。

コメント

  • 名前: コメント:

GunslingerStratos∑Wiki: sigma/キャラクター概要 (last edited 2018-07-31 08:15:33 by p721241-ipngn200507yosemiya)