攻守両用型「ヒーラー」


コスト: 1900 耐久力: 390 格闘補正: x1.0倍 タイプ: ???

装備箇所 武装名 レベル 攻撃力 総ダメージ 反動 連射間隔 最低持続 装填数 リロード 射程 シールド範囲
右手 小型火炎放射器 Lv.5 3 7F 90 全弾/330F 20m
左手 エリアシールド Lv.4 防御力 90F 450 100/520F 12m
65
サイド マシンガン Lv.5 15 123 3F 40 全弾/300F 55m
タンデム 回復ライフル Lv.4 回復力 40% 50F 5 1/360F
45
サブ エリアシールド Lv.1 防御力 90F 300 100/500F 12m
65

解説

無印時代から続投の、回復しながらも攻撃にも参加する攻守両用型が遅ればせながら登場。
2時代と比べるとダブルの方の盾の強度が上がって装填数が減り、リロード時間がちょっと伸びたぐらいが特徴。

小型火炎放射器は盾を割りやすいが何かが被弾してくるだけで中断される。しかし360度カバーできるエリアシールドのおかげで単純な撃ち合いはそれなりに良い。
標準型と比べると盾の弾数(?)が少なく、盾なしに対しては若干弱くはなっているがそもそも前衛は盾持っていることが多いので相対的に向上。割りながら燃やすことも可能。
但しエリシの項目にもあることだが格闘(特におじいちゃん)には要注意。幸い、鏡華自体にカウンター技が一応あるのでそこまで怖いというほどではないが警戒はしておくこと。
ついでに誤射にはご用心。但し鏡華は回復ライフルを持っているので間違えて燃やしてしまった場合は即座に消火活動を行うこと。
その他武装は他項目でも解説されているのでここでは説明を省かせてもらう。

全体的な立ち回りとしては「ヒーラー」の中でも少し前に出てマシンガンによるカットや高機動系統のキャラから近づかれないために自衛に使うのを心がけつつ、
死角からエリアシールドや高耐久のキャラクターを小型火炎放射器で燃やし、耐久調整に回復ライフルを使うと言ったところ。
ダブルのエリアシールド、回復ライフルのサブのエリアシールドで盾を二枚持っているので、
総合的な防御力は高め。エリアシールドなので爆発物も防げる。耐久はすべて回復に使うぐらいの心意気で、ガンガン防御していこう。

「何らかの形で相手に対して強気に出れる武装」を持っており、バランスのよい武装構成となっているのがこのWPの長所。
但し機動力が高くて盾特攻武装所持の敵に近づかれると流石にキツイ(特に水影やエアレイダー系統)。
またダブル盾の装填数も減っているので余計な展開をするといざって時に守れない、なんてことになるので注意すること。

コメント

  • 名前: コメント:

GunslingerStratos∑Wiki: 攻守両用型「ヒーラー」 (last edited 2017-02-08 23:19:20 by localhost)