標準型「ハーキュリアン」


コスト: 1800 耐久力: 360 格闘補正: x1.0倍 タイプ: ???

装備箇所 武装名 レベル 攻撃力 総ダメージ 連射間隔 装填数 リロード 射程
右手 ハンドロケットランチャー Lv.3 68 112 10F 12 全弾/420F 200m
左手 ハンドロケットランチャー Lv.3 68 112 10F 12 全弾/420F 200m
サイド ヘビーマシンガン Lv.3 36 129 9F 30 全弾/540F 65m
タンデム アンチマテリアルライフル Lv.4 140 60F 1 1/240F 100m

解説

咲良の初期WP。機動力と腕力を活かして高火力の武器を扱うハーキュリアン系統の標準型。

ダブルはこのWPの主力兵装であるハンドロケットランチャー。フルオート式の爆発武器であるため盾持ちに寄られた際の自衛が容易なのはもちろんのこと、高弾速長射程に加えて単発ダウン(ロボは2発)武器でもあるためやや重めのリロードにさえ気をつければこれ一本で戦えるだけの性能を持つ。

サイドは扱いやすいヘビーマシンガン。ダブルのリロード中やカット、ミリ狩りなど使う機会は多い。 タンデムに比べて扱いやすく、ダブルより総ダメージが高い上に人間相手ならばHSで単発ダウンを奪える。この武器の届く間空いを維持しよう。

タンデムには咲良専用武器であるアンチマテリアルライフルを備える。スナイパーライフルに近い単発高火力武器であり装填数が一発のみのため扱い難さは否めないが、リロードは最も軽く火力も高いため敵の着地などに合わせていかにこの武器を当てられるかで相手に与えるプレッシャーも変わってくる。しっかりと練習しよう。

基本的には咲良の機動力を活かして戦場を駆け巡り、高所から高火力の弾丸の雨を降らせてプレッシャーを掛けていくことになる。 ハンドロケットランチャーの扱いやすさと機動力により撃ち合いにも強いがこのWPの真価は高火力と単発ダウンの武器を回してダメージレースと枚数を優位にしていくことにある。目の前の相手に固執するようなことは控えよう。

コメント

  • 名前: コメント:

コメントはありません

GunslingerStratos∑Wiki: 標準型「ハーキュリアン」 (last edited 2016-12-19 10:54:07 by localhost)