強化型「サムライ」


コスト: 2300 耐久力: 440 格闘補正: x1.2倍 タイプ: ???

装備箇所 武装名 レベル 攻撃力 総ダメージ 連射間隔 展開時間 装填数 リロード 射程
右手 レーザーウェイブガン Lv.5 60 25F 4 2/180F 25m
左手 ソードシールド Lv.7 防御力 60F 2 1/240F
0
サイド ビームショットガン Lv.4 17 117 7F 18 6/250F 33m
タンデム スタンラインガン Lv.5 8 40F 2 1/330F 60m

解説

高コスト化したサムライ。強化型と銘打ってはあるがダブルは標準や鉄砲型、サイドとタンデムが強襲型の装備であり、これにより扱い方も若干変わっている。

ダブルはどちらもレベルが向上しており、元々強力なシールドダメージを持つレーザーウェイブの使用感はあまり変わらないが、ソードシールドは最高級のLv7になり、2発装填によって切れ目なく使うことで切り込むチャンスを大幅に増加させることができる。
代償としてリロード時間も2倍の約4秒と大きく悪化しているので、一度で2発撃ち切ると手痛い反撃が待っているのは変わらないので、常に1発残しておくぐらいの気持ちで使い、展開するタイミングはより慎重に選ぶようにしよう。

サイドにはビームショットガン。標準型のロンショに比べて、高範囲への引っ掛けやすさ、さらにダメージ力も継戦能力も上がっている。
強襲型と比べてリロード・装填数が劣るものの、威力自体は変わらず連射間隔に優っている。ロンショより射程が短いことが弱点だが、それでもこちらの方が総合的な能力が上。
ミリ狩りに重宝する以外に手早く纏まったダメージを与えられる武器であるため、構える機会は必然的に多くなる。

タンデムは強襲型よりレベルの上がったスタンラインガン。複数本の電流を縦または横並びに射出し、触れた対象をしびれ状態にする。
広範囲を覆える上、射程もそこそこ。少し遠くの敵に牽制気味に撃つのもありだが、格闘コンボの前後に活用したり、敵の進路や着地点に先読み気味に置いて妨害に使ったりもできる。うまくスタンさせられた敵は自分で回収したいところだが、ダッシュしても届かないような時など、場合によっては味方に任せることも視野に入れよう。なお、こちらは強襲型と比べて連射間隔に劣る分、段階式ではないもののリロード速度は良好。
注意点としてはとにかく誤射に注意。範囲が広いということは味方も巻き込みやすいということ。味方がスタンして敵に攻撃されたら、攻撃武装で誤射するより大きな損害となってしまうので特に気をつけること。撃つ時は味方の動きにも気を配り、特に乱戦地帯には絶対に撃ち込まないようにしよう。

スタンラインという妨害のアプローチに加えて、装填数の増えたソードシールド、ビムショという決して安くないダメージソースを手に入れて、近接戦闘能力が圧倒的に強化された。しかし、コスト的に2落ちがあまり許されない上に耐久力もコストと比較すると低く、遠距離へのアプローチに乏しい為、標準型同様に前衛気味で戦わなければならないのは変わらない。
高コストながら前気味に戦う必要があること、中遠距離の撃ち合いでの弱さ、水影のブースト性能の低さを考えてみると、決して打たれ強くない。高いタイマン能力に感けて敵陣へ突っ込んでしまうと容易に2落ちしてしまう。

標準型と同じように繊細な部分を多く内包する代わり、上手く乗りこなすことで発揮できる力は標準型以上。何人をも寄せ付けない無敵の剣術で、三千世界一の剣士の座を掴みとろう。

コメント

  • 名前: コメント:

コメントはありません

GunslingerStratos∑Wiki: sigma/強化型「サムライ」 (last edited 2018-09-28 02:28:14 by pl32789)