標準型「ジェノサイダー」


コスト: 1800 耐久力: 370 格闘補正: x1.0倍 タイプ: ???

装備箇所 武装名 レベル 攻撃力 総ダメージ 連射間隔 ロックオン時間 装填数 リロード 射程 爆発範囲
右手 ビームハンドガトリングガン Lv.4 21 138 6F 40 15/200F 45m
左手 ビームハンドガトリングガン Lv.4 21 138 6F 40 15/200F 45m
サイド ロックオンビットガン Lv.4 22 7F 12 全弾/360F 80m
サブ ビームマシンガン Lv.2 23 129 5F 28 14/240F 55m
タンデム 反物質ロケットランチャー Lv.4 175 263 発射準備時間 1 1/1200F 60m
110F

解説

シリーズを追う毎に構成がガラリと変わるジェノサイダー系標準パック。

ダブルガンスタイルには両手に射程が長めのビームハンドガトリングガン(BHG)を、サイドスタイルにはロックオンビットガンを装備。
気軽にばらまけて命中率も高い代わりに、いまいち火力と信頼性に欠ける印象があるロックオンビットガンだが、何とこのモデルにはサブウェポンとしてビームマシンガンが付属している。
ロックオンビットガンに足りない要素を埋めている相性の良いサブウェポンであり、中距離武装の組み合わせとして優秀。
基本的にはver2.0以前と変わらず、ダブルとサイドの3種の武装による中距離戦の手数の多さが持ち味のWPと言えるだろう。

また近距離戦も格闘やショットガンが有効になる程の至近距離でなければ、二丁のBHGによる火力とダウンの取りやすさや、高い腕力とステップ性能もあいまって、中距離タイプのWPとしては高いレベルで行うことが出来る。
ただし無理に火力を引き出そうと自分から接近し過ぎてしまうのは御法度。低めの耐久力や、フリーカメラによる上方ダッシュを行わないと本体性能上高度が取りにくい点を問題として抱えているため、高度を維持しつつ、高い回避性能を活かせる中距離を保つのが理想的だ。

ジェノサイダー系の最大の特徴とも言える反物質ロケットランチャーは挙動が非常に特殊な武器で、敵から見られている際はまず使用できない。詳しくは武器ページにて。
分かりやすい使いどころは制圧された高台の壁に撃って妨害、逃げる敵の出口を塞ぐ、啓蒙院地下のような閉所への直接攻撃、起き攻め、自爆など。
初代ガンスリンガーストラトスの稼働開始から存在する武装であるため、運用にあたって蓄積されたテクニックも多い。興味があれば動画などを覗いてみるのも良いだろう。

弱点はシールド持ちの敵全般。まず第一に近寄らず、中距離でダウンを取ることが出来たら素早くその場を離れよう。万が一接近を許した際にこちらが取れる対抗手段はほとんどない。
耐久力もそれほど高くないため、ミニマップを注視しつつ、援護能力の高い武装を活かせるよう目線を広く持って戦いたいものだ。

コメント

  • 名前: コメント:

コメントはありません

GunslingerStratos∑Wiki: sigma/標準型「ジェノサイダー」 (last edited 2018-09-27 10:39:27 by localhost)