使用キャラトップへ

尾撃型「サイキッカー」


コスト: 2100 耐久力: 400 格闘補正: x1.0倍 タイプ: ???

装備箇所 武装名 レベル 攻撃力 総ダメージ 連射間隔 チャージ時間 装填数 リロード 射程 爆発範囲 備考
右手 小型プラズマ波動砲 Lv.4 25 117 30F 80 40/420F 80m
左手 ホーミングビットガン Lv.5 19x3 98 18F 8 2/180F 90m 二点バースト
サイド レーザーガトリングガン Lv.3 29 109 3F 70 35/420F 75m
タンデム サイキックバインド Lv.5 75 123 25F 3 2/450F 13m コンボ補正:約0.64倍

解説

中距離において高い攻撃性能を誇り、攻撃に特化した「サイキッカー」。
「尾撃型」の由来は小型プラズマ波動砲によるものだろう。

ダブルはいつもより威力とLv.がちょっと上がったビットおよび先述の小型プラズマ波動砲。
強襲型がサイキックインパクトによる「点」の攻撃なら、こちらは「線」の攻撃で敵を動かすことが可能になった。
これまでとはだいぶ勝手が異なるが、味方を狙う敵のカットがより行いやすくなり、他にも自衛から進路妨害まで使い道は幅広い。
強襲型と同様に左右の使い分けに慣れてしまえばミリの製造から回収までマルチにこなすことが出来る。ただし通常の波動砲と違い、擦った(空中で3hit)程度ではダウンを奪うことが出来ず、薙ぎ払うだけではなくある程度しっかりエイミングする必要がある点には注意。

サイドのレーザーガトリングガンは、射程的にはダブルと被り気味。
しかし弾速が速く中距離武装として信頼性が高い。使い分けるなら迎撃を小型プラズマ、攻撃をこちらで行うと具合が良いだろう。

タンデムにはサイキッカーの代名詞ともいえるサイキックバインド。しかも制圧型と同じく使い勝手の良いLv.5。
炸裂が速く使用後の隙も小さいため、気軽に撒いていくことが出来る。
とはいえ中~近距離における重要自衛武器なのは変わらない。味方を巻き込まないようにしながら積極的に使って、攻撃の起点を作ろう。

このWP一番の特徴は、射程が存在しないサイキックバインドを除いて全ての武装の射程が75~80mで構成されていることにある。そのため中距離における攻撃性能は「サイキッカー」随一。
ただし溜め時間及びラグ無しで攻撃できる武装がなく、なおかつ片手がナナには馴染みの薄い小型プラズマ波動砲。盾持ちに対抗出来るようになったのは大きいが、
ビームマシンガンが無くなったことによる撃ち合い性能の低下があり、また寄られると辛いのは相変わらずである。

とはいえ腕力Sとステップ機動の優秀さにより、下手をすれば凛よりも小型プラズマ波動砲を有効活用出来る。
レーザーガトリングの対盾性能及び広範囲のカット力、ビットガンによる瀕死狩り及び設置型シールド類への対抗策、小型プラズマ波動砲による瞬間火力と置き射撃としての迎撃性能、バインドによる疑似爆風攻撃と隠れた敵への炙り出しなど、中衛としての対応力においてはナナのWPでも随一。
強力な支援力でガンガン前衛を後押ししよう。

コメント

  • 名前: コメント:

GunslingerStratos∑Wiki: 尾撃型「サイキッカー」 (last edited 2017-03-04 03:47:49 by KD182251244019)