標準型「ヴァンガード」


コスト: 1800 耐久力: 440 格闘補正: x1.0倍 タイプ: ???

装備箇所 武装名 レベル 攻撃力 総ダメージ 連射間隔 最低持続 装填数 リロード 射程
右手 マグナム Lv.4 80 132 40F 7 全弾/480F 40m
左手 指向性シールド Lv.3 防御力 90F 300 100/540F
40
サイド ヘビーショットガン Lv.4 30x? 136 70F 4 全弾/570F 17m
タンデム ガトリングガン Lv.3 30 124 5F 70 全弾/700F 65m

解説

カテゴリー:近距離タイプ
ダブルガンスタイルに盾と単発高火力武器を持った、鏡磨のヴァンガード系標準パック。
近距離適正の高めな構成をしている。

特徴は前述の通り、ダブルガンスタイルに指向性シールドと、高威力・1発ダウンの武装であるマグナムという撃ち合いに強い構成をしていることである。
射程が長めかつ盾を持っているため、落ち着いて狙っていける。 複数HIT前提の武器なので、お手玉の練習もしておきたい。
このWPの肝であり、当てられるようになってくると近距離戦でも撃ち合いでも強力なキャラクターに変貌する。腕を磨こう。
また本体特性の影響で、瀕死時にQDで当てることが出来ればそれだけで事故レベルのダメージを与えられる。残り耐久が多く油断している敵を狙うのが良いだろう。
指向性シールドLv.3は「普通の」性能のシールドである。過信してはいけないがある程度の防御力は保障されている。
シールドを使った強引な接近に使うよりも、撃ち合いの補助武装として要所で細かく使うのがオススメ。

サイドスタイルには近距離射撃武器であるヘビーショットガンを持つ。
全体的なゲームスピードの上昇により鏡磨の足回りでも一歩踏み込んで当てに行きやすくなった…が
カス当たりでダウンを奪えなければ反撃がほぼ確定してしまうので運用は慎重に。

タンデムスタイルにはガトリングガンを装備。高威力・高連射力の強力な武器だが、発射前に空転時間が発生し、
さらによろける度に空転時間も再度必要になるため撃ち合いのリスクは高い。
リロードが長いため、肝心な場面で弾切れにならないよう弾数をきっちりと管理し、また長々とガトリングガンの射程で戦うことは避けたい。

機動力が低い、盾持ちとの戦闘が不得手、ジョナサンにヘビショ根元当て以外で一発ダウンを奪えないなどの弱点もあるが、
それを補って余りある奪ダウン力・瞬間火力を持つため、2落ち前衛としての適性はそれなりに高め。
ただし足は遅く無視されやすい為、2落ちを引き受けるなら全員に落ち枠が存在するインコスト編成で行うのが無難。
鏡磨の機動力の関係上前衛としての仕事をするまでもなく一方的にやられてしまう事もままあるので他のメンバーはしっかりカバーすること。

また前作と比べてTuneでシールドの装填数や初速を上げる事が出来ない等、
シールドに頼った前進と居座りがしづらくなっている事が機動力に劣る鏡磨には向かい風。
加えて前述の通り鏡磨の足回りではただ距離を詰めるだけでは無視され逃げられる事も多いため、
2落ち前衛を担当する際には素早くマグナムを命中させてダウンを奪う事で敵にプレッシャーをかけヘイトを集め、
シールドを節約しつつも敵を強引に追い込むのに使うなどメリハリの効いた立ち回りが以前以上に求められる。

他に前衛が居るのであれば1落ち枠としてマグナム・ガトリングを軸にカット役とダメージディーラーを同時にこなす事も出来る。
標準型「カーネイジ」と比較すると、こちらは指向盾への対抗手段が乏しい代わりに盾・ヘビショを持っているためやや前のめりな戦いにも対応可能。
一長一短なので自分のプレイヤースキルや編成を見ながら立ち位置を決めていきたい。

コメント

  • 名前: コメント:

GunslingerStratos∑Wiki: 標準型「ヴァンガード」 (last edited 2017-02-12 06:48:25 by wada314)