軽装型「ヒーラー」


コスト: 1400 耐久力: 360 格闘補正: x1.0倍 タイプ: ???

装備箇所 武装名 レベル 攻撃力 総ダメージ 反動 連射間隔 最低持続 装填数 リロード 射程 シールド範囲
右手 マシンピストル Lv.3 22 103 18F 18 全弾/260F 30m
左手 軽量型指向性シールド Lv.2 防御力 60F 180 30/270F
25
サイド ライトマシンガン Lv.2 12 90 3F 40 全弾/210F 50m
タンデム 回復ライフル Lv.2 回復力 40% 35F 4 1/270F
36
サブ エリアシールド Lv.1 防御力 90F 300 100/500F 12m
65

解説

ver1.02に追加された低コストのWP。

ダブルは前作の徹の標準型「アサルト」を思わせるようなマシピと軽量盾を所持。これのおかげである程度は自衛が効きやすくなっており、撃ち合いはある程度改善されている。
ただし盾に弱いのは相変わらずで、爆発物持ちやウォーリア系統に対してはかなり不利。撃ち合いに強いからと言って本当に真っ向から撃ち合うのはやめて、軽さを生かしつつ自衛を行う動きをすればいい。
サイドのライマシはレベルが低いが相変わらずきっちり当てればカットにも使えるし、中距離での撃ち合いも軽いおかげでステップ撃ちを行いながらの射撃は他よりはやや被弾しにくい。

タンデムはいつもの回復ライフルだが、こちらは回復力を削った代わりに連射性能とリロード速度を上げた軽装仕様。
完全に余談だが、前作のLv2回復ライフルは反動が強い仕様であったが、バージョンアップでその姿を消していった数少ない武装のひとつだったりする。

標準型よりは撃ち合いと自衛にやや強いものの、火力の低さは相も変わらず。また、ライマシもレベルダウンしていて下手なダウンは火力不足のもとになる。
基本的な動きは標準型、引いては鏡華の基本的な動きにさほど支障はない。もしコスト事故が怖いのであればこちらに乗っても仕事さえすればさほど問題ではないであろう。
バージョンアップによるリロード速度の上昇で、覚醒中だと結構な速度で連射できて素早くリロードが完了するようになったので実際は他のヒーラーとほぼ一緒かそれ以上の回復力になった。但しそれ相応に自分の耐久力も減る。
また、低コストの宿命として耐久力も低い。低コストだからと言って考えなしに落ちるのは味方に迷惑になるのでちゃんと戦場は見よう。

このパック最大の欠点として武装構成、火力から来る存在感の無さが挙げられる。
ヒーラーという役割上、ある程度展開が進むと割れでもしていない限り最後まで無視される事が多いがこのパックはそれに拍車を掛けており、「ある程度削られたと思ったらガン無視されて気付いたら1落ちラスキルになっていた」という事もザラ。
14というコストも落としても特に総コストに変化が少ないため相手からしても無視した方が安定するといった有様。
なので相手の動きをよく見て必要に応じて前線に突っ込んで落としてもらうという状況判断が他以上に必須となり、動きとしては上級者のものが求められる。

低コスト故の火力の低さや装備全体のレベルの低さはあるが、自衛力が低めという鏡華の弱点をうまくフォローしており、火力不足も「元々低いから」と割り切ればあまり問題のない、自衛力と汎用性に優れたWPと言えるだろう。

コメント

  • 名前: コメント:

コメントはありません

GunslingerStratos∑Wiki: 軽装型「ヒーラー」 (last edited 2016-12-19 10:53:55 by localhost)