真加部流「ニンジャ」


コスト: 1900 耐久力: 380 格闘補正: x1.2倍 タイプ: ???

装備箇所 武装名 レベル 攻撃力 連射間隔 チャージ時間 装填数 リロード 射程 爆発範囲
右手 ハンドライトニングガン Lv.5 50 10F 4 全弾/540F 35m
左手 プラズマガン Lv.3 90 4 2/330F 40m 5m
サイド ライトショットガン Lv.4 19 12F 5 全弾/300F 14m
タンデム ディスクマシンガン Lv.3 13 6F 28 全弾/300F 50m
サブ ビームロッドガン Lv.1 25 20F 2 1/260F 50m

解説

真加部流の継承WPが『2』以来に久々の登場。
ただし当時とは趣が随分と変わっている。

ダブルは師匠譲りのハンドライトニングガンと、兄弟子の得意武器であるプラズマガン。
拘束と盾割りで互いを補いあう組み合わせで、どんな相手にも柔軟に対応できる。
このハンライはダメージ補正が大きく改善されており、追撃でダメージを稼ぎやすい。
どちらも発射ラグという欠点があるが、そこはライトショットガンでカバー。
護りに若干の不安はあるものの、攻撃面において隙の無い構成といえる。

タンデムにはお馴染みのディスクマシンガン…なのだが、なんとサブにビームロッドガンが付いてくる。
このビムロは補正切りが可能な拘束武器で、当WPでも様々な悪用応用が試みられている。
ディスクで動きを止めて拘束、盾割りからの拘束、格闘からの拘束、果ては拘束(ハンライ)から拘束まで。
補正切りの絡むコンボは例外なく高火力で、ルート次第では即死級のダメージを叩き出す。
状況によって最適なコンボを選択できるよう、射撃練習で必ずルートを確認しておきたい。

一癖のある武器が並ぶため、普段ニンジャしか使わない人は面食らわないよう注意。
立ち回りはどちらかといえばインフィルトレーターに近いものとなる。
それさえ乗り越えれば、射撃に格闘に搦め手までなんでもござれの強力なWP。
真加部流の真骨頂を見せつけてやろう。

【ダメージ参考】
プラズマガンLv3
直撃100、QD125
爆風90(爆風にQDは乗らない)

ディスクマシンガンLv3
フルヒット108

ハンドライトニングガンLv5
追撃補正0.81倍

ハンライ→プラガン/131
ハンライ→プラガンQD/151
ハンライ→ライショ/137
ハンライ→ディスク/115

ハンライ→N格闘/156
ハンライ→右格闘/161
ハンライ→左格闘/174
ハンライ→下格闘/224

コメント

  • 名前: コメント:

コメントはありません

GunslingerStratos∑Wiki: sigma/真加部流「ニンジャ」 (last edited 2019-03-02 14:48:41 by Edge)