軽装型「アサルト」


コスト: 1500 耐久力: 360 格闘補正: x1.0倍 タイプ: ???

装備箇所 武装名 レベル 攻撃力 連射間隔 装填数 リロード 射程 爆発範囲
右手 マシンピストル Lv.3 21 18F 24 全弾/260F 35m
左手 軽量型指向性シールド Lv.3 防御力 220 40/360F
72
サイド ライトショットガン Lv.3 18 12F 3 全弾/240F 14m
タンデム 任意起爆式グレネードランチャー Lv.2 95 12F 10 全弾/330F 8m
サブ (任意起爆)

解説

3の同名WPとの明確な違いはダブルのマシンピストル。
これにより自衛力とダウン力が大幅増加。ついでに以前までのアサルトと同じようなダブルとサイドになって懐かしさもアップ。まぁこのWPのタンデムは任意グレだけど

ダブルは前述したとおりマシピと軽量盾。基本的にはマシピを構え、狙われてる際には咄嗟に盾を構えるスタンスのほうがいいかもしれない。
マシピは三点バーストかつダウンを奪いやすいが前線用の武器としてはリロードが若干重く、盾も割と脆くてあっという間に割れることも。

サイドのライトショットガンはライト武器と侮れない威力、そしてライト武器の特徴ともいえる連射力がある。
リロードは表を見る限り重いほうではないが、前衛を担う割には弾数が少なく感じる(ライショが連射前提の武器だからかもしれない)。
また、射程がかなり短い。敵への闇討ちやロボとのタイマン辺りでキッチリ当てていこう。

グレネードは他Lvよりも爆風が小さくなっているが、かわりに任意起爆機能と着弾起爆の双方の特徴を併せ持つ扱いやすい仕様。
射程もそこそこで、盾持ち相手にはこの任意起爆がキモになっている。勿論着地硬直狩りにも有効。
リロード速度と装填数のバランスに優れているため、火力の低さを補うためにもケチらずにガンガン使っていきたい。

コストも現状低コストで他の味方に高コストのWPを乗ってもらったり低コスト編成で組むのにも一役買っていけるようになったWP。
しかし火力が低く(現状の火力は要検証)、数を当てていかないと思うように仕事ができない。
低コストだから、といった甘えは効かず、なおかつアサルトの名の通り敵に対して近距離で仕事をしていかなくてはならない。
強力な敵を寝かせて敵陣を荒らす必要もあるのでコスト以上に頑張る必要があるが、その分キッチリ仕事したときには低コストとは侮れないポテンシャルも兼ね備えている。

コメント

  • 名前: コメント:

GunslingerStratos∑Wiki: sigma/軽装型「アサルト」 (last edited 2018-04-18 23:25:00 by localhost)