ディスクマシンガン


弾種: 誘導弾

レベル 攻撃力 連射間隔 装填数 リロード 射程 備考 所有WP
Lv.4 15 8F 32 全弾/480F 50m 標準型「ニンジャ」
上忍「エリートニンジャ」
Lv.5 15 8F 40 全弾/510F 50m 標準型「バトルマスター」
Lv.6 16 9F 32 全弾/540F 50m サブ: ステルス装置 Lv.1 火遁型「ニンジャ」
師匠型「バトルマスター」
Lv.7 15 8F 36 全弾/630F 50m 超忍「マスターニンジャ」

解説

「手裏剣」を発射する連射武器。他のマシンガン系とは異なる特徴を数多く持ち、使い勝手は相当に違う。
まずマシンガンとしては連射性能・弾速が遅く、一発あたりのダウン値も低い。
しかしその一方で照準を合わせて撃つことで誘導が掛かる、ヒットストップが大きい、シールド特攻などのメリットが存在する。

これら独特の特性により「偏差撃ちで引っ掛けてダウンを取る」という通常のマシンガンとしての使い方は難しく、誘導も横方向の飛行に食いつくほどには強くない。
この武器の狙いどころは拘束の追撃や着地などの硬直、軸の合った飛行などで、これらの状況では誘導が活きるため刺さりやすく、ヒットストップの大きさおよびダウン値の低さから多数の連続ヒットが見込める。

また、上述の通り対シールドダメージが実弾にも関わらず非常に高く、ごく一部を除いて楽に割れる。そのためシールドを張って当たり判定が大きくなり動きが鈍った敵、特にエリシは狙い目といえる。
逆に、動きの素早い軽量型シールド持ちは展開中でも捕らえられない場合が多い。シールドを頼りにまっすぐ向かってくる相手にバクステしながら撃つ、
普段通り着地を狙い着地保護目的のシールドを割るなど、狙うタイミングを工夫したい。

慣れるほどに他のマシンガンとは一味違った強みが出せる武装だが、中距離武器としては射程が短めでリロードも遅い。
連射性能・弾速・射程不足から中距離で一方的に撃ち負けてしまうこともあるため、自身へのターゲットや撃つタイミングには注意が必要である。
またヒットストップはロボ系相手には効かないので、ダウンまで時間のかかるこの武器はロボ相手にかなりの不利を背負うことにも注意。

なお、Lv.6のサブにはステルス装置が付いている。タゲを背負いながら撃つ際に、展開しながら動くことで被弾のリスクを下げることができるため、存在を忘れないようにしたい。

余談だが、射出される手裏剣のグラフィックは前作から全てのLv.で八方手裏剣に統一されている(無印の低Lv.モデルは三方手裏剣だった)。
しかし今作の草陰が左格闘で投げている手裏剣は四方手裏剣であり、この辺りに開発の芸の細かさが見て取れる。

コメント

  • 名前: コメント:

GunslingerStratos∑Wiki: ディスクマシンガン (last edited 2017-02-08 23:19:25 by localhost)