標準型「アサルト」


コスト: 1500 耐久力: 420 格闘補正: x1.0倍 入手条件: NESiCA登録で初期装備

装備箇所 武装名 レベル 攻撃力 連射間隔 最低持続 装填数 リロード 射程 備考
右手 マシンピストル Lv.3 24 20F 15 全弾/270F 35m
左手 軽量型指向性シールド Lv.5 防御力 60F 250 40/430F 移動速度低下量:小
34
サイド ライトショットガン Lv.4 20x9 12F 4 全弾/300F 11m
タンデム 任意起爆式ロケットランチャー Lv.3 144 55F 3 1/200F
サブ (起爆)
チューンLv 名称 メリット デメリット
2 サイド武器リロード速度UP サイド武器のリロード速度UP +10% サイド武器の攻撃力DOWN -5%
3 右手武器装填数UP 右手武器の装填数UP +6 右手武器のリロード速度DOWN -5%
4 空中ダッシュ初速度UP 空中ダッシュの初速度UP +5% 耐久力DOWN -30

解説

レンジャーに比べてより前衛に近い位置で戦うことになる、徹のもう一つの「基礎WP」ながら、
ダブルスタイルがシンプルな二丁拳銃、サイドに取り回しに優れるマシンガン、タンデムにカメラ追従こそ悪いが中遠距離で瞬間火力を出しやすいライフル系武器…
と役割が明確かつ扱いやすい武器が揃った「レンジャー」に比べて、
的確なリロード管理と敵が対シールド能力を持つかの見極めが重要なシールド、射程が極端に短いため的確に距離を詰める技術が必要とされるライトショットガン、
弾頭が独特の加速を持ち、着地や壁当てといった「当て所」を把握していないと命中せず、高い空間把握能力がないと使いこなせない任意起爆機能と、
ガンストを始めたての初心者にはハードルの高い武器構成になっている事に注意。

ダブルにはマシンピストルと軽量型指向性シールドを装備。
マシンピストルは扱いやすく、特殊仕様により展開しても機動性があまり下がらないシールドを備えているので、前進しながらの射撃と守りながらの射撃が同時にこなせる。
マシンピストルの3発フルヒットさせるかHSをしない限りダウンが取れない欠点も盾を展開する事によって補う事が出来る、しかしあまり展開しすぎていると軽量ゆえすぐにエネルギーが尽きてしまう。
いざという時に使えないと厳しいのでなるべくマシンピストルを正確にAIMし素早く相手からダウンを取るよう心がけよう。

サイドはライトショットガン。射程がほかのショットガンに比べて短く、そちらに慣れているとカスあたりしかしないため独特の距離感覚に慣れる必要がある。
威力も高くはないがその分リロードが早く回転効率が良い、相手の隙を見つけたらどんどん撃ちこんで行こう。

タンデムは任意起爆式ロケットランチャー。このWPにおいて肝になる武装である。装填数は3発と少なくリロードも早くはない上に、武器が非常に重い。
しかし、近距離任意起爆での自衛やマシンピストルがギリギリ届かない40m前後における攻撃手段、地形破壊による敵の妨害、そして着地狩りの手段として出番は多いはず。
構えていると敵に狙われるので、素早く撃って素早く起爆すること。任意起爆するために無防備な時間を増やすだけなので、あまり遠い敵はむやみに狙わない方がよい。
独特の加速度を持つことを逆手にとりダウンをとった相手に離れつつ置くように撃つことで起き攻めが可能、ダウン後の反撃の防止に一役買うはずである。

役割としては準前衛として前衛とともに前に出る、中後衛の護衛をする、盾持ちに不利がつく相手に張り付く、などうまく扱えば一通り仕事はこなせる。
しかし、強度があるとは言えないシールド、射程の短いライショ、クセの強いロケランと扱いの難しい武装が多く、かなりのプレーヤースキルを要求されるWPである。
また、盾持ち・ハンマー持ちジョナサン両方に有利がつかないため、このWPを2落ちと想定した通常コスト編成はラインが押される可能性が高く、できるだけ避けた方がよい。
風澄には他にも準前衛をこなせるWPがコスト毎にあるため、コストや味方、自分の戦法に応じて武装を選択していきたい。

コメント

  • 名前: コメント:

GunslingerStratos2Wiki: 標準型「アサルト」 (last edited 2016-05-11 17:55:11 by localhost)