強化型「ヒーラー」


コスト: 2100 耐久力: 430 格闘補正: x1.0倍 入手条件: ドロップor20,000GPで購入

装備箇所 武装名 レベル 攻撃力 反動 連射間隔 最低持続 装填数 リロード 射程 シールド範囲 備考
右手 スタンマシンピストル Lv.5 24 22F 15 全弾/420F 30m 拘束時間:長
左手 スタンマシンピストル Lv.5 24 22F 15 全弾/420F 30m 拘束時間:長
サイド ヘビーマシンガン Lv.2 33 8F 25 全弾/480F 65m
タンデム 回復ライフル Lv.5 回復力 40% 50F 5 1/510F
39
サブ エリアシールド Lv.1 防御力 90F 300 100/480F 12m
64
チューンLv 名称 メリット デメリット
2 右手・左手武器リロード速度UP 右手武器のリロード速度UP +5% 右手武器の装填数DOWN -3
左手武器のリロード速度UP +5% 左手武器の装填数DOWN -3
3 タンデム武器リロード速度UP タンデム武器のリロード速度UP +10% タンデム武器の装填数DOWN -1
4 空中ダッシュ初速度UP 空中ダッシュの初速度UP +5% 耐久力DOWN -30

解説

標準型からコストの上昇と共に、武器の変更や強化を行ったウェポンパック。攻撃用の武器こそ変わりはしたものの扱い方は変わらない。

ダブルはライトハンドガンからスタンマシンピストルへ。両手持ちでスタンさせやすく、灰ダウンまできっちり決めやすい。
通常のマシンピストルに比べると攻撃力で劣るがシールド系武装のない相手との撃ち合いにはかなり強く、安定しやすい。
サイドはライトマシンガンからヘビーマシンガンへ。レベルこそ低いものの、射程、威力、ダウン値と強化されているので扱いやすく攻守に役立つ武器である。
タンデムの回復ライフルは標準型からひとつレベルを上げて5に。
弾数が回復ライフル中最高なこともあり、外してもカバーしやすい。
とはいえ、乱発できるわけではないので使いすぎには気をつけよう。

立ち回りはヘビーマシンガンへの変更で一歩引き気味に戦えること以外は、標準型とほぼ同じ。
カットのしやすさ、回復力などが強化型の名に相応しく強化されており、標準型に比べるとかなり戦いやすくなっている。
特に攻撃力は標準型からかなり上がっているため、回復が必要ないときは積極的に味方の支援に参加していこう。
チューン効果はいずれも弾数を減らし、リロード速度を上げるものとなっている。
Lv.2がスタンマシンピストル、Lv.3が回復ライフルのものとなっている。
メリットの割にデメリットが若干強い。
回復ライフルの方はメリットも大きいので選択肢はノーチューンかフルチューンといったところ。

余談だがこのWPはPC用であったゲーム「ガンスリンガーストラトスリローデッド」の、
鏡華の標準型「アイリス」のウェポンパックと同様の武装構成となっていた。
(あちらは片手武器・両手武器という構成のため、ヘビマシは未所持であった。)

コメント

  • 名前: コメント:

GunslingerStratos2Wiki: 強化型「ヒーラー」 (last edited 2016-05-11 18:23:12 by s166)