羅漢堂凛

艶やかなる蝶の舞!踊りんしょう!

総合解説

未来からやって来た羅漢堂旭の娘にして、優しく可憐な花魁お姉さん。
2での実装当時、「あの」羅漢堂が未来で結婚し娘までもうけていた事実に驚いたプレイヤーも多いだろう。

未来にてアノマリーの襲撃に遭い、妻を守りきれず死なせてしまった旭は、娘だけでも守ろうと凛をタイムリープ装置に放り込んだ。
過去に飛ぶことで彼女は一命を取り留めたが、無理な時間跳躍の影響で記憶に混乱が生じ、父である旭が母を殺したのだと認識してしまう。ゆえに現在の「いずれ自分の父になるであろう羅漢堂旭」を、憎しみを内包した複雑な感情で見ることになる。
それでも、彼女のWPや武器を見る限り、父と似たような武器を使っていたり、同じようなことを提案していたり、気合や根性で武器を強化していたり……やはり血は争えないようだ。
実験体07号の暴走事案の際に暴走を収束させることに成功し、それ以来07号に懐かれ、彼女も保護者のように07号を世話している。名前を抹消されていた07号に「ナナちゃん」という愛称をつけたのも凛である。

使用するWPは「バタフライ」「バトルダンサー」「レディウォーリア」の3系統。
「バタフライ」は小型プラズマ波動砲パラサイトショットなどの武装を用いて、一歩引いた地点からの火力支援がメインのWP。
「バトルダンサー」は専用装備ファンブーメランをメインに据え、主に中距離での撃ち合いに強いWP。
「レディウォーリア」は旭のウォーリアを彼女用にアレンジしたイメージのWP。
いずれも特徴的な武器を扱う力や変則的な立ち回りが求められるが、うまく噛み合わせることができれば親父に勝るとも劣らない火力を発揮することができる。

しかし今作の彼女は前作に比べ移動能力が軒並み落とされている。腕力は女性キャラにしては高めになったがそれでも足回りは重く、囲まれて狙われると脱出が難しい。特にパラサイトショットを構えると棒立ちかつ視点が味方のものに切り替わってしまうので、その隙に近寄られると逃げづらくなってしまう。
ターゲットラインやミニマップを随時確認し、自分を狙う敵を警戒し、味方を狙う敵は的確にカットする。状況判断力が求められるキャラクターである。

基本ステータス

ダッシュ初速度 B ダッシュ最終速度 C
ジャンプ上昇力 D 腕力 C
よろけにくさ C 格闘距離 10m

格闘性能

種類 威力 解説
N格 90
上格 蹴り上げで相手を浮かせる。追撃可能
左格
右格 125 ヒット時相手バウンド。追撃可能
下格 140 扇で風を巻き起こして相手を大きく吹き飛ばす。一応追撃可能

標準型「バタフライ」


コスト: 1800 耐久力: 400 格闘補正: x1.0倍 タイプ: ???

装備箇所 武装名 レベル 攻撃力 総ダメージ 連射間隔 チャージ時間 装填数 リロード 射程
右手 小型プラズマ波動砲 Lv.4 25 117 30F 80 40/420F 80m
左手 小型プラズマ波動砲 Lv.4 25 117 30F 80 40/420F 80m
サイド ビームショットガン Lv.5 18x? 124 8F 24 8/330F 33m
タンデム パラサイトショット Lv.4 20 12F 16 全弾/240F 80m
サブ パラサイトショット Lv.4 20 12F 16 全弾/240F 80m

解説

羅漢堂凛の初期WPのうちの1つ。WP名はタンデムのパラサイトショットが蝶型ビットを生成することに由来か。

ダブルの小型プラズマ波動砲は本家プラズマ波動砲に比べ、 射出までの時間が短く、照射中の曲げ性能がよいが、その分威力と射程が控えめ。

サイドのビームショットガンはこのWPの要。敵に寄られた際の自衛や敵のミリに確実に当てたい場合など、 とっさに・即座に撃ちたいときに活躍する。

タンデムのパラサイトショットは蝶型ビットを味方にパラサイト(寄生)させることで、味方視点で攻撃できる変則武器。なお寄生される味方に基本デメリットはない。

タンデムを構えると視点が味方のものに切り替わり、その味方には蝶型ビットが寄生する。凛は蝶型ビット経由で攻撃でき、右レバーで攻撃対象を、左レバーで寄生対象を変更できる。

タンデムを構えている最中は、凛自身の視点は確認できないため、寄生に夢中になっている間に敵に寄られて戦犯直行はよくある話なので注意。

WP全体としては、サイドの運用が鍵といえる。威力と使いやすさを考えると、自衛のみに腐らせておくのはもったいないが、弾数管理を怠るととっさの自衛に苦慮する。

タンデムを撃つことに必死になって戦場の後ろにこもるのは味方に負担をかけ、事故の元にしかならない。

長射程のダブルで相手の着地などを確実に拾い、リロードの合間にタンデムを撃つ運用を基本で、近距離で相手の隙を見つけたらサイドを押し付けるといった運用か。

バタフライの中では自衛能力が高く、使いやすい、まさに標準型。なお、サイドは盾に弱いので、ダブルで割ろう。

弾幕型「バタフライ」


コスト: 2100 耐久力: 420 格闘補正: x1.0倍 タイプ: ???

装備箇所 武装名 レベル 攻撃力 総ダメージ 連射間隔 装填数 リロード 射程
右手 ハンドマシンガン Lv.5 14 4F 40 全弾/450F 35m
左手 ハンドマシンガン Lv.5 14 4F 40 全弾/450F 35m
サイド ビームガトリングガン Lv.5 38 134 7F 50 10/340F 70m
タンデム パラサイトショット Lv.7 22 25F 25 全弾/300F 80m

解説

標準型からダブルとサイドの武装を換装。

ダブルはハンドマシンガン。標準型の小型プラズマ波動砲と比べ、威力・射程・盾割り性能は落ちたが、照準への追従はよくなり、相手に当てる一点において使いやすくなった。

サイドはこのWPのメイン火力といえるビームガトリングガン。ガトリング系共通の仕様で弾の撃ち出しまでに少々時間がかかるが、弾は大きく当てやすく、威力も高い。

タンデムはパラサイトショットLv7.このレベルは標準型のLv4と違い、フルオート射撃が可能になっている。

このWPではパラサイトショットLv7のフルオート射撃に目を奪われるが、メイン火力はサイドのビームガトリングガンである。

ビーム武器は射程限界ギリギリだと火力が落ちてしまうので、50~60m距離をキープする立ち回りを意識し、とっさの時やサイドのリロード時はダブルでさばいていこう。

タンデムも腐らせておくのはもったいないが、これに固執すると21コストの割に結局火力が出なくなってしまうので注意すること。

なお、標準型に比べ自衛と盾持ちへの対処がつらくなっており、盾持ちに敵に寄られると詰むので、特にタンデムを撃つ際は味方の支援が受けられる位置取りを意識したい。

高火力型「バタフライ」


コスト: 2300 耐久力: 450 格闘補正: x1.0倍 タイプ: ???

装備箇所 武装名 レベル 攻撃力 総ダメージ チャージ時間 装填数 リロード 射程 爆発範囲
右手 小型プラズマ波動砲 Lv.5 28 131 35F 80 40/480F 80m
左手 小型プラズマ波動砲 Lv.5 28 131 35F 80 40/480F 80m
サイド バースターマシンガン Lv.5 34 25 全弾/520F 50m 6m
サブ (短射程弾発射)
タンデム パラサイトショット(高火力型) Lv.6 95 45F 5 1/360F 6m
サブ (ガトリングガン)

解説

前作から続投している凛の高コストバタフライ

ダブルはお馴染みの小型波動を2つ装備している。
発射までのラグが増えているもののその分火力が増加しており、波動砲に恥じないダメージを叩き出す。
唯一素直に真っ直ぐ飛ぶ武装であるためメインの他迎撃としてお世話になることも多い。先出しでしっかり当てられるようにしよう。

サイドにはバースター。弾数は心許ないがダブルと比べラグが少ないので射程限界を把握しておき、着地以外にも刺せるようになると動きの幅が広がる。
そのほか放置された時の自爆にも使えるので頭に入れておこう。

タンデムにはこのWPの花形である高火力パラサイト。
前作と同じく強力な弾幕を展開出来る他、今作では味方に対しての当たり判定が消失したため誤爆を気にせず撃てるようになった。(プラ砲で確認)
その為ある程度気軽に撃てる様になったが、味方の仕事の邪魔をしない様に狙う敵はちゃんと吟味するようにしよう。

タンデムが非常に強力であり、距離も無視出来るためついつい孤立して味方に寄生しがち。
しかしこのパック、迎撃は得意だが切り返しに使える武装が全く無く、1度寝かされて起き攻めを敢行されると中々抜け出せなくなってしまう。
奥抜けを1人でも見逃すと呆気なく2落ちし、コスト割れをおこしてそのまま敗北ということもしばしば。かと言って介護を付けてしまえばバタフライの強みを自ら殺してしまいかねない。
なので後ろでタンデムを構えて居座るよりも中衛より気持ち後ろで小型波動とバースターでカットを行い、隙を見つけてタンデムを構えるように動くのがおすすめ。万一寄られても味方との位置が近いため援護しやすく安定感が増す。
しかしタンデム発動中は隙だらけでマップも寄生された相手準拠になるため発動する時は周りをよく見て、発動中は深追いせず適度に自分にカメラを戻すようにしよう。

蝶舞蜂刺「レイドバタフライ」


コスト: 2400 耐久力: 440 格闘補正: x1.0倍 タイプ: ???

装備箇所 武装名 レベル 攻撃力 総ダメージ 連射間隔 チャージ時間 最低持続 装填数 リロード 射程
右手 小型プラズマ波動砲 Lv.7 28 30F 80 40/480F 80m
左手 軽量型指向性シールド Lv.5 防御力 60F 240 40/420F
30
サイド フルオートショットガン Lv.5 23x9 110 16F 8 全弾/600F 20m
タンデム ヘビーマシンガン Lv.2 34 122 9F 25 全弾/480F 65m

解説

標準型「バトルダンサー」


コスト: 1700 耐久力: 380 格闘補正: x1.0倍 タイプ: ???

装備箇所 武装名 レベル 攻撃力 総ダメージ 連射間隔 装填数 リロード 射程
右手 ライトハンドガトリングガン Lv.4 14 94 3F 60 全弾/420F 35m
左手 ライトハンドガトリングガン Lv.4 14 94 3F 60 全弾/420F 35m
サイド ファンブーメラン Lv.4 8 25F 3 1/300F 60m
サブ (引き戻し)
タンデム キャノン砲 Lv.3 180 50F 1 1/300F 140m

解説

羅漢堂凛の基本WPの一つ。
前作の違いとしてファンブーメランの装填数が4→3になった点、キャノン砲の攻撃力がやや落ちた以外はほぼ据え置き。
また、バタフライよりダブルの武装は軽いが、前作より移動能力が下がったため注意が必要。

ダブルのライトハンドガトリングガンは弾数が多く、中間距離ではやはり頼りになる武器。
ただし、ガトリング系統の共通問題として発射までに僅かな空転時間があるため、早めの発射を心掛けたい。
そして前作同様にダウンが取りづらく、自衛は少し難易度が高い。
リロードもやや遅いため、これまで通り弾数管理が重要となってくる。

そして目玉は、サイドの凛専用武器のファンブーメラン。
射出後、一定距離を進むか何かに触れるとしばらくその場に留まり、その後自分のところに戻ってくる。
サブトリガーを引くと止まっているもの、あるいは前に進んでいるブーメランが戻ってくる、これを利用して後ろから指向性盾をめくることも出来る。
ファンに触れると強いヒットストップがかかる斬りつけ拘束を発生させるので、足を止めたところにキャノン砲を撃ち込むのが基本戦術になるだろう。
ファンの誤射で味方の足を止めてしまうと味方に大きな被害が出てしまうので、誤射には特に気をつけて扱いたい。

忘れてはならないのが、タンデムの単発火力NO.1を誇るキャノン砲。
相変わらず直撃させる事が難しい武器だが、凛はファンブーメランで相手を拘束出来るので、決して狙えないわけではない。
ダブルサイドだけではどうしても火力を出せないため、このタンデムを丁寧に当てていく事を求められるWP。
丁寧にファンからの追撃を決めたり、着地を落ち着いて撃つなど、キャノン砲を当てられるタイミングを自分から作って冷静に撃ち抜いていこう。

防衛型「バトルダンサー」


コスト: 2000 耐久力: 420 格闘補正: x1.0倍 タイプ: ???

装備箇所 武装名 レベル 攻撃力 総ダメージ 連射間隔 最低持続 装填数 リロード 射程 爆発範囲
右手 ライトハンドガトリングガン Lv.4 14 94 3F 60 全弾/420F 35m
左手 反射型指向性シールド Lv.5 防御力 90F 250 100/540F
75
サイド ファンブーメラン Lv.5 8 35F 4 1/360F 60m
サブ (引き戻し)
タンデム 任意起爆式ロケットランチャー Lv.5 130 35F 4 1/360F 15m
サブ (起爆)

解説

大蛮道型「バトルダンサー」


コスト: 2500 耐久力: 440 格闘補正: x1.0倍 タイプ: ???

装備箇所 武装名 レベル 攻撃力 総ダメージ 連射間隔 チャージ時間 装填数 リロード 射程
右手 ライトハンドガトリングガン Lv.7 15 101 2F 70 全弾/540F 35m
左手 ライトハンドガトリングガン Lv.7 15 101 2F 70 全弾/540F 35m
サイド ファンブーメラン Lv.7 10 35F 3 1/450F 60m
サブ (引き戻し)
タンデム プラズマ波動砲 Lv.7 50 241 60F 50F 100 50/780F

解説

由緒正しき大蛮道一家の伝統を受け継ぐ凛にピッタリなバトルダンサー。
すべての武器レベルを7まで引き上げたのみならず、タンデムをプラズマ波動砲へと換装したことにより、最大火力を発揮できる時間が大きく伸び、継戦能力も飛躍的な上昇を果たした。

ライトハンドガトリングガンLv.7は威力こそ若干見劣りするものの装填数が同Lv.のハンドガトリングガンと同じ水準にまで強化されており、素の軽さも相まって自衛とカットに重宝する。
ただしリロード性能が大幅に悪化しているため、これまで以上に弾数管理をしっかりしないと痛い目を見る。

ファンブーメランLv.7は強烈な気合が込められた事により扇残留時間・斬りつけ拘束時間が長くなった特殊仕様。
標準型同様、これで拘束した敵に波動砲をお見舞いするコンボが基本となる。
ただし波動砲はキャノン砲と異なり多段ヒットすることでダメージを稼ぐ武器のため、ファンブーで拘束し過ぎると安ダウンにもなってしまう。
敵との距離次第では数ヒットさせて動きを止めたらすぐ回収し、拘束が解けて動き出すまでの隙に撃ち込むテクニックも必要だ。

プラズマ波動砲Lv.7は旭の気合いのおかげで照射を開始するまでの時間が短い特殊仕様。
また前作同様装填量が多く曲げやすいのだが、今作では全Lv.通して曲げやすくなったのでそこまで大きな違いは体感しにくいかもしれない。
ただその特殊性能のおかげで狙ったポイントへ刺し込みやすいのは大きな利点で、生当ても他Lv.以上に容易。無論、生当てならばコンボとは比較にならない恐ろしいダメージを叩き出す。

……というか火力のほとんどを波動砲に頼っている関係で、何としてもコレをコンスタントに当てていかないとコスト分の活躍は不可能。
もちろん敵もそれは承知しているため、最大コストなこともありタゲを向けられる率は高い。
しかもコスト比耐久力が低い上に盾も持たないことから、複数人に寄られた場合はファンブを撒く等で時間は稼げるものの捌いて離脱するのは至難の業。そうした事態に陥らぬよう、運用と編成の決断は慎重に。
間違ってもSRやアンマテ等と直接対決はご法度だ。

標準型「レディウォーリア」


コスト: 1900 耐久力: 420 格闘補正: x1.0倍 タイプ: ???

装備箇所 武装名 レベル 攻撃力 総ダメージ 連射間隔 装填数 リロード 射程 攻撃範囲
右手 鉄球ハンマーガン Lv.4 110 50F 25m 0.7m
左手 ビームマシンピストル Lv.5 27 22F 12 3/150F 40m
サイド フルオートショットガン Lv.4 23x9 110 12F 4 全弾/450F 20m
タンデム 大型ボムランチャー Lv.5 140 60F 3 1/450F 爆発範囲
16m
サブ (短射程弾発射)

解説

羅漢堂凛の第3のWP、レディーウォーリア。本家ウォーリアと似た武装構成だが、本体性能が大きく違うため、同じ運用とはいかない。

特に重量耐性の関係で、両手にハンマーガンを持つこのWPは動きが鈍重になってしまう。

ダブルのハンマーガンは言わずと知れた高い火力と高い盾割り性能を持つ武器。射程は短いが、若干の追尾性能はあるので練習あるのみ。

このWPは両手にハンマーガンを持つが、今作ではハンマーガン同時HITは削除されたため、外した時のために片手ずつ撃つか、攻撃範囲重視で両手撃ちするか悩みどころ。

サイドはフルオートショットガン。取り回しは標準型バタフライのビームショットガンに劣るが、それでもとっさに確実に当てたい場面では頼れる武器。

タンデムは大型ボムランチャー。一定距離を飛ぶか、障害物にぶつかると大きな爆発が起こり、しばらくその場に残存する。威力は大きく、遠方まで届くため是非使いこなしたい。

このWPは足回りに難があるため、相手に立ち向かっていくよりは味方後衛の周りで敵を迎え撃つ運用がおすすめ。タンデムを敵密集地に撃ち込んでヘイトを集め、ダブル・サイドで撃退しよう。

突撃型「ヴァンガード」使いには手になじむはず。2落ちより1落ちのほうが仕事ができる。

軽装型「レディウォーリア」


コスト: 1600 耐久力: 370 格闘補正: x1.0倍 タイプ: ???

装備箇所 武装名 レベル 攻撃力 総ダメージ 連射間隔 最低持続 装填数 リロード 射程 攻撃範囲
右手 鉄球ハンマーガン Lv.4 110 50F 25m 0.7m
左手 軽量型指向性シールド Lv.3 防御力 60F 220 40/360F
25
サイド ロングバレルショットガン Lv.3 12x? 53 20F 3 全弾/270F 40m
タンデム 大型ボムランチャー Lv.3 140 45F 2 1/400F 爆発範囲
16m
サブ (短射程弾発射)

解説

標準レディウォーリアのハンマーを片方指向性シールドに変更したことにより、機動力と接近戦における堅実さを重視したWP。 構成的にはより標準型「ウォーリア」に近くなったが、機動力や盾の硬さ等の関係上同様の動きは難しい。

ダブル右は標準型から変わらず鉄球ハンマーガンLv4。左手が軽量指向性シールドになったことにより、対盾武装を持つ相手以外に張り付きやすくなり、また標準型よりも落ち着いてハンマーガンで狙うことが出来るようになった。
とはいうもののそこは軽量型。レベルも低く、中距離付近から無理にシールドで接近しようとすると、シールド残量にもよるがマシンガンのような通常兵器でも十分に割られる危険性がある。
使いどころを絞り、効果的に運用できるよう使用タイミングを見極めよう。

サイドはフルオートショットガンからロングバレルショットガンに変更されている。
ダウンは取りやすいものの攻撃力が大幅に低下し、標準型よりも至近距離でのプレッシャーが薄くなっている。敵の安ダウンを量産するのは自分だけでなく味方の不利につながるので注意しよう。
ただしミリ狩り時には、他武器がミリ回収に向かないのも手伝って大変重宝する。

タンデムは大型ボムランチャーLv3。装填数が低下している代わりにリロード速度が向上したモデル。
威力が高く、攻撃にも防御にも使える重要な武器。このWPのメインウェポンと言っても過言ではない。
広い地形よりも入り組んだ地形で使う方が強力で、直撃を狙いやすい。マップに応じた当て方、撒き方を研究しよう。

低コストWPとしては高い火力を持ち、盾+ハンマーによる接近戦能力の高さは折り紙つき。近距離タイマンにさえ持ち込めれば対応できる敵も多い。
しかし標準型ほど顕著ではないが、やはり凛本体の低めの機動力とハンマーの重量が合わさって、逃げる相手を追いかけにくい点、また機動力と射程の問題で他キャラの近距離WPと比較すると、プレッシャーをかけられる範囲が狭い点が問題。
大型ボムの使い方でカバーしていきたい所であるが、能動的に当てるのはやや難しく、さらに離れれば離れるほど当てにくくなる武装であるため、やはりどうにもならない事もある。
さらに耐久力が低めの低コストWPであるため、味方の編成を見て採用、不採用をシビアに判断したい。

標準型と比べフルショがなくなった点については痛いが、盾持ちの利点を活かして差別化を図ろう。


コメント

  • 名前: コメント:

GunslingerStratos∑Wiki: 羅漢堂凛 (last edited 2017-01-26 02:24:16 by wada314)